忍者ブログ
無題

雷子-紺碧の章-というゲームをやりました。シリーズ2作目らしいんですけど1作目やらなくても大丈夫でした。今日の絵は雷子の伍子胥と申包胥。

最近体験版を手当たり次第遊ぶのにはまっていまして…その中に雷子があったんです。
情報収集してないからっていうのもありますけどでも毎日ファミ通.com見てるわけだしたいていのゲームは「名前くらいは聞いたことあるな」っていう感じなんですけど雷子って1回も聞いたこと無いタイトルでなんぞ?ってなって調べたらあまぞんのレビュー良いのとあんまり派手すぎない感じが気に入ってDLしたんです。
体験版やった感じだとストーリーめちゃおもしろーい!!って感じはなかったんですよ。はずれじゃないな、堅実だなってくらいなんですけど、テンポがすごく良くて、すごくスイスイ読めたんです。
面白くて買ったというよりは、このいい流れをどこで途切れさせたらいいんだい!乗るしか無いこのビックウェーブ!買うか!って感じです。
ここ数年ゲームで一番だるいのがストーリー読むことで(なのに読みゲーばっかり買う阿呆)プロローグやっては1ヶ月放置し…また1時間やっては1ヶ月放置し…みたいな感じだったんですけど久しぶりにやめ時がわからないっていう感覚になりましたよね…。

内容は孫氏が主人公であの辺の時代を元にオリジナル要素入れたストーリーでまあ簡単なFE…みたいな感じなんですかね。1話にADV+戦闘1個で。孫武さんのことは全然知らなかったのでゲームやりながら調べてましたが面白いアレンジの仕方ですね~。
UIちょっとわかりにくかったり全然今風のグラフィックに追いついてない感がありますし(でも決して悪いわけではないんですよ)なんか可愛そうなめに合う人多いんですけどそれでもやってよかったな~と思うしこれから1作目もやります。
ただね…レビューだと悲しいストーリーですと言われてるしパッケージもそんなだしFFTみたいな哀愁ただようラストなのかな…と思っていたんですけど
いや確かに悲しいストーリーだったんですよ。あ~~切ないな~~って感じだったんですがどうやらこれ続き物の途中だったらしく「いろいろあったけど頑張ろう、俺達の闘いはこれからだ!」って終わり方をします(笑)。
いやでもいい話だったしクリア後のおまけストーリーも面白かったし戦闘も結構楽しめたし大河とか幻水好きな人はやってほしいな~応援したいな~って感じです。あと懐古厨はきっと好きなんじゃないかな…。ガチで斬ったり刺したりが多いゲームですけど。それが苦手でなければ。
1作目はきれいに終わってるようなので(レビュー読む限りは)そっちで消化できたらいいな…。

そんなわけで私はやりながらネタバレ読みたくない~~って感じだったのでもうちょっとだけつっこんだストーリーの感想を折りたたんで発散します。

呉編→ 思えば一番平和でした。夫概めちゃかわいくて久しぶりに戦う少年(見た目が)いいじゃないウホホって思いましたよね。

越編→ 序盤かなりのギャグで越の人たちめっちゃ可愛い和む~って思ってたのにラストの文種で落ち込みました…。元の人はおっさんだったというのが唯一の救いでしたね…雷子ではこうだけど元々この人男だし大丈夫だから…って自分に言い聞かせましたよね。
越の人たちが主君を救おうと一生懸命なのはすごくいいのだけどそれのおかげで伍子胥が闇堕ちしてしまって複雑です…いや伍子胥「こいつら始末したほうがいいって!」みたいなこと言ってたし時代的に共存とか無理なんだろうけど。
時代的にといえば勾践様が奴隷の扱いされてたときなんかすごい屈辱的な気持ちになりました(笑)。こんなモブ兵に仕事できてないじゃんとか言われるのめっちゃ腹立たしい。でも実際こんなだったんですかね。やっぱり。
ファンタジーみたいにギリギリのとこで助けに来て欲しい気持ちでいっぱいだった…。
こうなった原因の大部分は夫差なんだけど最後に専日と風杏の名前を呼ぶのはなかなか胸が痛みました。だって仲よかったもんね。
ところで伍子胥が霊姑浮欲しいって言ったのは初め何かの策略なのかと思ったけどホントに単純に好みだったからなの?(笑)

紺編→ 田忌がかわいい。めっちゃくちゃ可愛い。久しぶりに戦うロリいいじゃないウホホって思いましたよね。
孫臏の話も全然知らなかったのでボケーっと読んでたら突然足を斬られてめちゃびびったよ!!
この章の龐涓の話はこのゲームで一番印象に残りますね。声優さんの演技もすごく良くて…。
ただ初めはやっぱり孫武さんも専日も
風杏のこと簡単に諦めすぎじゃない?って感じでした。逆レのシーンがなんか美味しいと思ってしまったのもあって…あと龐涓が悪いことしてるシーンが「こうしてるらしいよ」っていう台詞の中の情報でしか見れなかったのでそんなに悪いやつに思えなかったんですよね。
専日はせめてあきらめないでいてくれるだろって思ったらおまえもかよ!ちょっと話しただけでそれかよ!って印象でしたがよく妄想したら全然知らない土地で帰るとこもなく彷徨ってたら冤罪で足斬られて罪人の証つけられてなんだよ~~って思ってたら探しまくってた
風杏が「私が嵌めたんだぜ!」って言ってきて突然えっちされるって大混乱の展開で普通の人なら「何か理由があるんだ、俺が風杏を救ってやる」っていうより「こんなの風杏だって認めたくない!」みたいな思いが勝つかもな~と…。
読み直したら孫武は戦の中では死を与えることが救いの一つだと考えているって言ってたからそれもあるんだろうなと…まあでもやっぱり
風杏可哀想ですけどね…。
だがラスボスのとこの起こってる孫武&専日のCGの顔ギャグ漫画でツッコミ入れてる人たちみたいに見えた。

おまけストーリーでチラリズムについて熱弁する伍子胥かわいいです。
あと
紺編入るまで孫武さんお固い戦争マニアって印象だったけど紺編のダメっぷりが普段の孫武さんなんだなって思いました。かわいい。
PR
- 50 - 49 - 48 - 45 - 44 - 43 - 42 - 41 - 40 - 39 - 38
prev  top next
コンテンツ残り



応援中

サウンドチームあべにゅー。
可愛い歌いっぱいです

イラストサイト様などはこちら
管理人
きつつきうにごん

最近見ているもの:
プリパラ、サガスカ
黒バス、オールアウト
小野友樹さん

神の域:
アイマスDS(涼ちん)

BACKGROUND / tudu*uzu
TEMPLATE / Lenny
忍者ブログ [PR]